クレジットカード攻略ガイド

マイルが貯まるクレジットカード

マイルは日常生活で航空会社提携のクレジットカードを使うことでどんどん貯めることができます。
貯まったマイルは、無料で飛行機に乗れる特典航空券などへ交換できます。
このページでは、JALとANAのマイルを効率的に貯められるクレジットカードをご紹介します。

JALカードをチェック! ANAカードをチェック!

そもそもマイルとは? マイルの貯め方・使い方について

クレジットカードでのマイルの貯め方

提携カードを使うとマイルが貯まる

クレジットカードでマイルを貯めるには、日常生活におけるあらゆる支払いで可能な限りそのカードを利用しましょう。
高額な決済はもちろんのこと、普段のスーパーやコンビニの支払いでも積極的にカードを利用しましょう。
そうすれば、飛行機に乗らなくてもマイルが貯まり、国内旅行1回分くらいのマイルなら簡単に貯められます。
例えば、毎月10万円のカード決済があれば、月間1000マイル、年間で12000マイルくらい貯まり、無料で国内旅行に行けます。

マイルの使い方

マイルを航空券に交換できる

JALとANAでは、マイルの使い方のルールがやや異なります。JALは通常マイルとディスカウントマイル期間に分かれており、ANAはハイシーズン、レギュラーシーズン、ローシーズンの3つに分かれています。そして、それぞれで必要なマイル数が設定されています。必要マイル数は、ゴールデンウィークや年末年始などの航空券の価格が高騰する時期のほうが多くなります。しかし、航空券の代金の上昇幅に比べると、必要マイル数の変動は小さく、かなり割安な水準と言えます。そのため、マイルはこのような時期に特典航空券に交換するともっともお得になります。なお、特典航空券は自社便だけでなく、JALであればワンワールド、ANAならスターアライアンスといった各社が加盟する航空提携社のチケットに交換することもできます。

マイルを貯めるなら、航空会社のクレジットカードがおすすめ!

マイルを賢く貯めるには、航空会社と提携しているクレジットカードに加入するのが一番です。最初にJALカードやANAカードのなかから自分に合った1枚を選びましょう。JALとANAのマイルを比べると、特典航空券に必要なマイル数などで見るとJALのほうが優れており、空路をよく利用する方に向いています。一方、搭乗しなくてもボーナスマイルがもらえるANAは、空路をあまり使用しない方に向いています。その他、次のような特徴があります。

JALカードとANAカードの比較

以上がJALカードとANAカードの違いです。以降は各カードについて説明いたします。JALカードとANAカード、自分に合うカードを選びましょう。

JALカードにする! ANAカードにする!

JALカードとANAカードの比較

当サイトおすすめのJALカード

JAL普通カード(VISA・MasterCard)
JALマイラーが持つべきスタンダードカード

JAL普通カード(VISA・MasterCard) リストに追加

年会費初年度無料で使えるスタンダードなJALカード。
カード利用でJALマイルが直接貯まり、ショッピングマイル・プレミアムへの加入で100円につき1マイルが貯まる。
さらに、特約店のファミリーマートの利用なら100円につき2マイルの獲得も可能。
搭乗時のボーナスとして、フライトマイルの10%が積算されます。
海外旅行・国内旅行の傷害保険が最高1,000万円付帯しているので旅行も安心。

JALカードSuica
Suicaチャージで貯めたポイントをJALマイルに交換!

JALカードSuica リストに追加

JAL普通カードにSuica機能が搭載されたカード。
Suicaチャージで1000円=6ポイントのビューサンクスポイントが付与される。
Suicaチャージなどで貯まったビューサンクスポイントはマイルに交換可能。
通常年会費1030円のモバイルSuicaも無料で利用することができる。

JALカード navi(VISA・MasterCard)
学生専用のオリジナルサービス・特典が満載の学生向けJALカード

JALカード navi(VISA・MasterCard) リストに追加

カード利用でJALマイルが直接貯まる学生専用カード。
マイルが2倍貯まるJALカードショッピングマイル・プレミアムに無料で登録可能。
さらに、フライトマイルが100%で貯まるツアープレミアムの登録も無料。
それ以外にも学生ならではのオリジナルボーナスマイルが貯まるサービスがあります。
在学中は年会費がずっと無料。

JAL アメリカン・エキスプレス・カード
旅にビジネスにワンランク上のサービスを受けられるJALカード

JAL アメリカン・エキスプレス・カード リストに追加

サービス内容は、実質ゴールドクラスと言うべきJALカード。
国内の主要空港とホノルル国際空港のラウンジが同伴者1名まで利用可能。
また、国内外の8,000以上の対象ホテルで、最大70%のオフの優待も受けられる。
旅行傷害保険はなんと最高3,000万円と安心して旅行ができること間違いなし。

JAL CLUB-Aカード
JAL普通カードよりもマイルがたまりやすい上位ランクカード!

JAL CLUB-Aカード リストに追加

JAL普通カードよりワンランク上のカードで、フライトボーナスマイルや入会・搭乗ボーナスマイルが充実しています。普通カードが旅行保険1,000万円なのに対してCLUB-Aカードは最高5,000万円の保険が付帯しているので、旅行も安心です。その他、旅行で役立つサービスが満載ですので、是非公式サイトもチェック!

JAL CLUB-Aゴールドカード
CLUB-Aカードのゴールドカードでマイルもさらに貯まりやすく、航空系サービスも充実!

JAL CLUB-Aゴールドカード リストに追加

CLUB-Aカードのゴールドカードです。マイル還元率が通常0.5%のところ、2倍の1.0%になります。ショッピングマイル・プレミアムをつければ2.0%になるわけです。普通カードの通常還元率より4倍マイルが貯まるわけです。さらに、空港ラウンジ無料サービスなど、ゴールドカードならではの特典も満載ですので、こちらも要チェック!

当サイトおすすめのANAカード

ANAアメリカン・エキスプレス・カード
マイル移行やラウンジなどアメリカン・エキスプレスならではの旅行サービスが充実!

ANAアメリカン・エキスプレス・カード リストに追加

ANAの航空券などの購入で、ポイントが1.5倍にアップ。
貯まったポイントは無期限で、1,000ポイントを1,000マイルでANAマイルに交換可能。
空港ラウンジを同伴者1名と無料で利用できる、海外旅行から帰国時に空港から自宅まで手荷物1個を無料配送など、海外旅行向けのサービスが充実。

まとめ

以上がマイルが貯まりやすいクレジットカードの説明です。マイルを貯めるには、航空会社が発券するJALカード・ANAカードの中からあなたに合った1枚を選ぶようにしましょう。マイルを貯めて素敵な旅行を楽しんでください。

旅行のイメージ

pagetop